加古川市 引越し業者

加古川市で安い引越し業者の最も簡単な探し方

加古川市 引越し 費用

加古川市 引越し 安い

加古川市 引越し 格安

加古川市 引越し 最安値

 

加古川市の引越し業者を検索すると約25件ヒットします。
このすべての引越し業者から見積もりを取れば、市内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

しかしそれは、到底無理な話です。

 

1社ずつ営業時間中に電話やメールで連絡をしなければなりませんし、これが25件となると何日かかるかわかりません。
だからといって1社にだけ的を絞って見積もりを依頼するという方法も、安い引越し業者は見つかりません。

 

すべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜4社からは見積もりを取って比較してください。

 

引越し費用が安いのか高いのか判断するには自分自身の引越し費用の相場を知る必要があり、相場を知るには数社からの見積もりが必要なのです。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

加古川市 引越し 相場

 

こちらなら24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくてなかなか業者に連絡する時間がないという人にもオススメです。
1度情報を入力するだけで複数の引越し業者から見積もりを取ることができ、あなた自身の引越し費用の相場はもちろん最安値の引越し業者を探すのにも一役買います。

 

サイトの利用料は無料なので、ぜひ賢くご活用ください。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しのおおよその手順

 

加古川市 引越し 手順

 

引越しはすることが多くて時間に追われるので、先におおよその手順を知っておくと便利です。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をする。
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶に行く。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更を行う。

 

細かく見ていきましょう。
引越しすることが確実になったら、とにかく管理会社や大家さんに退去の報告を入れましょう。
契約書に1ヶ月前や3ヶ月前に退去予告をするようにと決められているところが多いので、先に伝えておいたほうが良いです。

 

そして引越し業者への見積もりですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができません。
なぜなら新居のエレベーターの有無などの情報も費用計算に必要だからです。

 

まず新居を探して、決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼し、料金やサービスを比較して契約しておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかりますから、荷造りは早めに取り掛かってください。
普段使わないものや季節外れの洋服からどんどん梱包を始めておくと良いです。

 

引越しの2週間前になったら、転出届(市外引越しの場合)など役所関係の書類の提出ができます。
1週間前までに電気・ガス・水道などインフラの停止や精算方法の確認、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、家財の配置を指示してください。
どこかに貼り出しておくとスムーズです。

 

ただし、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影など保険でどうにもならないものは自分で管理しましょう。
引越し当日の空いた時間にご近所へ挨拶に行ってくださいね。

 

市外引越しなら転入届、同一市内の引越しなら転居届、いずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。
ほかにも役所関係の書類があれば提出しておきましょう。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なものを変更します。
これらは忘れがちなのでお気を付けください。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら第一印象は大切ですから、ご近所に挨拶に行きましょう。

 

タイミングですが、「引越し当日」が一般的なのだそうです。
案外早くに行くのだなと驚きますね。

 

行くのが遅くなるとだんだんと面倒になりますし、駐車場などでバッタリ会うともう行きにくくなりますから早い方が良いようです。

 

しかしあまり遅い時間は非常識なので、その場合は翌日にしましょう。

 

近所とはいえすべての家を訪問するのは大変ですが、だいたい行く家は決まっています。

 

一軒家なら向こう3軒両隣、つまりお向かいさんとその両隣、自分の家の両隣の合計5軒に挨拶に行きましょう。
一軒家にはマンションのようなゴミ収集場がないため、ゴミ当番が回ってくることが考えられます。
自治会長さんにも挨拶しておくと良いかもしれません。

 

マンションやアパートなら左右上下の部屋の合計4軒に挨拶に行きましょう。
この他にも管理人さんや大家さんが近くに住んでいる場合は、挨拶しておくと良いですね。

 

手ぶらで行く方もいますが、出来れば500〜1000円程度の簡単な手土産を用意しておくと行きやすいです。
タオルや洗剤、お菓子やコーヒーや紅茶などの消耗品が人気です。